withart

notes

2017年10月19日

「記憶の情景」展終了しました

9月16日(土)から10月1日(日)まで、札幌のギャラリー門馬で開催した「記憶の情景」展が、無事に会期を終えました。

画家の池田光弘さんが描く油彩画と、彫刻家の国松希根太さんが制作する平面と立体の彫刻作品。お二人の作品を以前から拝見していて、作品から感じられる共通性をテーマに企画させていただきました。

お二人が作品に付けられるタイトルからも感じられますが、お二人の作品には、余白が感じられます。その余白が、鑑賞者に委ねられ、観る人それぞれが自身の記憶と照らし、作品と、そして自分自身と向き合える”場”として作品が成立しているように感じます。

IMG_1968

ご来場いただいた皆様が、ゆったりと鑑賞される姿が、心に残る展覧会となりました。

ギャラリー門馬には、大きな窓が二つあり、そこから臨む景色は、四季折々に変化し、ギャラリーの内と外を緩やかに繋いでくれます。

池田さんは、150号の新作を含む6点の作品を出品いただきました。木々を描いた作品からは、光が感じられ、ギャラリーに差し込む木漏れ日と共生し、美しい景色が広がりました。

IMG_2027

国松さんは、代表作でもある平面のHORIZONの他、石膏と木を組み合わせた立体作品も出品いただきました。石膏を削った荒々しい彫り跡から勢いが感じられ、新境地を感じられる作品となりました。

IMG_2033

今回の展覧会では、お二人にとっても初の試みとなるコラボレーション作品を2点制作いただきました。

作品は、上下で構成し、下の作品を先に制作し、送られた相手が続きを描き完成させるという、まるで往復書簡のようなやり取りで、作品が生まれました。

IMG_1984

作品は、ブラックとホワイトという対照的な色彩の作品に仕上がりました。

IMG_1991

どのようにして、このコラボレーション作品が生まれたのか、また完成した作品を観て互いにどのようなことを感じたのか、artist talkで語っていただきましたので、ぜひ、こちらもお読みください。

素晴らしい作品を出品いただいた画家の池田光弘さん、彫刻家の国松希根太さん、このような機会を与えていただいた、ギャラリー門馬の大井恵子さん、そしてご来場いただいた皆様に心から感謝いたします。ありがとうございました。

 


2017年8月15日

Family Art Day のご案内

moere-hp1

モエレ沼公園のガラスのピラミッドで、親子で一緒に楽しめるアートワークショップ『Family Art Day』を開催します。今回で3回目を迎える“Family Art Day”では、札幌を拠点に活動している4人のアーティストやデザイナーを講師に迎え、様々なプログラムを企画しています。
「アーティストってどんな人?」「デザイナーってどんな仕事をしているの?」
アーティストの作品を鑑賞したり、デザイナーの仕事を知り、素材や道具に触れ、心と身体で体感してもらう2日間です。ぜひ、親子で公園に訪れ、アートやデザインに触れるひと時をお楽しみください。

■開催概要
会 場:モエレ沼公園 ガラスのピラミッド1階 スペース1
参加費:1500円(同伴保護者は無料)
定 員:各回15名(要予約)

■お問い合わせ&ご予約
担当:withart 本間 真理
Mail info@withart-mh.com
TEL 080-5596-3673
FAX 011-312-7253
HP withart-mh.com

FAX、Emailでお申込みの方は、下記の項目をご記入の上、お申込みください。
①保護者のお名前
②お子さまのお名前、年齢
③電話番号
④参加希望ワークショップ名
*9月9日(土)10:00より予約を開始いたします。
各回15名の定員になり次第、締め切りとさせていただきますので、ご了承ください。

『~みんなで描く想像の島~好きな色を使って描いてみよう!』

hisanoWS

開催日:10月14日(土)
時 間:10:30 – 12:30
講 師:画家 久野 志乃
対 象:5歳から小6まで
定 員:15人

画家の久野志乃さんと一緒に、みんなで「想像の島」を描きます。
久野さんは、誰かにお話を聞いて、その世界を想像し、物語の続きのような風景を描いています。
島には、みんなの心の中に思い描く世界が広がっています。
まだ見たことがない植物や動物が住み、あちこちから光が差し込みます。
青い鳥、空飛ぶ犬、虹色に咲く花、輝く3つの月…どんな世界も作る事ができます。
自分の好きな色を選んで、思いのままに絵を描き、「想像の島」の旅へ出かけましょう。

【講師プロフィール】
1978年 北海道様似町生まれ。札幌市在住。2003年北海道教育大学大学院(西洋画)修了。他者の個人的な記憶に基づく世界像を再構築し、物語性のある油彩画を制作する。札幌を中心に、東京、台湾などで個展、グループ展を開催。2013年道銀文化奨励賞受賞。2015年個展「発光する島」(ギャラリー門馬/札幌)他2016年「インスピレーション展」(苫小牧美術博物館)、2017年個展「海辺の風光誌」(ギャラリーカメリア/東京)他。

『~木をチョキチョキ~“木”で絵を描こう!』

shimadaWS

開催日:10月14日(土)
時 間:13:30 – 15:30
講 師:木工作家 島田晶夫
対 象:5歳から小6まで
定 員:15人

木工作家の島田晶夫さんと一緒に、ハサミでも切ることができる薄い“木”を使って、絵を描きます。
島田さんは、木象嵌(もくぞうがん)と呼ばれる、「木」を象(かたど)り、ジグソーパズルのように嵌(は)める絵を作っています。
木は、ひとつとして同じものはありません。色も、木目もそれぞれです。
絵具やクレヨンなどの画材は使わずに、木の色だけで描く世界を作ります。

【講師プロフィール】
1971年 北海道苫小牧市生まれ。小学生の頃から「木」に興味を持ち、木彫教室に通ったこともあるほどの、モノづくり好き。北海道、富山、岐阜などで木工修行の後、工房勤務を経てスウェーデンに渡る。カール・マルムステン創設の名門校、カペラゴーデン手工芸学校で北欧の木工技術を学び、卒業。2001年に帰国。北海道当別町に家具と木象嵌製作の工房を構える。2007年に日本人として初めてスウェーデン家具マイスター(国家資格)の称号を取得する。個展、グループ展など国内外で多数出展している。

『~モビールワークショップ~舟に乗って冒険に出かけよう!』

jobinWS

開催日:10月15日(日)
時 間:10:30 – 12:30
講 師:造形作家 jobin.
対 象:5歳から小6まで
定 員:15人

造形作家のjobin.さんと一緒に、針金を使って舟のモビールを作ります。
jobin.さんが作る舟のモビールは、雲の中や、水の中をユラユラと揺らぎ、
まるで航海の旅に出かけるような景色を描いています。
舟はユラユラと空中を舞いながら、冒険の旅へ出かけます。
針金やセロハンなどを使って舟を作り、舟から見える景色をイメージした好きな形も作りましょう。山や海、空や宇宙、舟に乗って旅する景色をモビールで作ります。

【講師プロフィール】
1976年江別市生まれ/札幌市在住
モビール、照明、イラスト、言葉などを用いたインスタレーション作品を
発表。見る人の行動、タイミングによって多くの表情を生む展示は、作品と人、人と人がコミュニケーションを取ることによってさらに多くの表情を産み、見る人それぞれに違う印象を与えながらも、統一された世界観をつくりだしている。
【個展】「あの夜の抜け殻」TOOVcafe/2016「そこで舞う」茶廊法邑/2016「私平線」モエレ沼公園/2015【グループ展】「0さいからのげいじゅつのもり」芸術の森工芸館/2016「共に鳴る」cumono gallery (京都)/2016「ウォーターフロート」ペーターズギャラリー(東京)/2015

『~デザインワークショップ~おやつの箱をデザインしよう!』

kamadaWS

開催日:2017年10月15日(日)
時 間:13:30~15:30
講 師:アートディレクター/グラフィックデザイナー 鎌田 順也
対 象:小学生
定 員:15人

デザイナーの鎌田順也さんと一緒に、みんなが大好きな“おやつ”の箱をデザインします。
「デザインするって何だろう?」
ワークシートを使って、どんな“おやつ”の箱をデザインするのか、よく考えます。
“おやつ”の箱は、「おいしさを伝える」ことがとっても大事。
箱の中身が決まったら、折り紙やマスキングテープ、カラーペンなどを使って、おいしさを伝えましょう。親子で楽しくデザインについて考えるワークショップです。

【講師プロフィール】
1976年北海道生まれ。KD主宰。洋菓子きのとや、松尾ジンギスカン、トモエ 福山醸造、東京ミッドタウン デザインタッチ、東京 清澄白河のナチュラルチーズ専門店 チーズのこえ、横浜の和雑貨ブランド 濱文様 など道内外の企業にアートディレクターとして携わる。近年は沼田町コンパクトタウン構想のブランディングなど行政の案件も多く、活動は多岐にわたる。主な受賞に、ニューヨーク ONE SHOW 金賞、ロンドン D&AD 金賞、グッドデザイン賞、JAGDA新人賞、JAGDA賞、日本パッケージデザイン大賞 金賞、日本サインデザイン賞 奨励賞 他多数。Topawards Asia(アジア)、JAGDA学生グランプリ 2017(全国)にて審査員を務める。東海大学、札幌大谷大学非常勤講師。