withart

notes

2017年8月9日

「暮らしを綴る」終了しました

アトリエSachiで開催した「暮らしを綴る」展、10日間の会期を終え、無事に終了することができました。

sachi_15

会期中は、お天気にも恵まれ、市内あちこちで魅力的なイベントが開催されているなか、沢山の方に足を運んでいただきました。
会場の周辺の木々の葉の深い色や、庭先の花々も美しく、心地よい風を感じた10日間でした。

今回の企画は、アトリエSachiの店主、鹿嶋祥さんからお話をいただき、いつか「暮らし」をテーマに、丁寧な手仕事を紹介する機会を創りたいという、温めてきた思いを形にすることができました。

出品いただいた5人の作家は、ジャンルや素材は異なりますが、布、木、硝子、土、紙、それぞれの素材とじっくりと向き合い、素材を生かしたシンプルなデザインでありながら、時間をかけて丁寧な手仕事をされている作家たちです。

sachi_13

sachi_6

その手仕事が、使い手に渡り、使い手の暮らしを綴っていく、そんな機会になればと願い、企画しました。

涼やかな風を感じるアトリエSachiの空間で、異素材の作品が隣合い、ここでしか感じられない空気感が生まれていたような気がします。

sachi_10

会場のアトリエSachiさんは、器を中心に、豊かな暮らしを提案するお店です。
清潔感のある空間で、在廊中もゆったりとした気持ちで作品に触れることができ、とても心地よい空間でした。
常設展示をしている器も魅力的な器ばかりです。ぜひ、また訪れてみてくださいね。

sachi_12

企画の場を与えていただいたアトリエSachiの鹿嶋祥さん、出品いただいた小路口力恵さん、藤井祐人さん、船山奈月さん、馬渕寛子さん、森つくしさん、そしてご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました!

*展覧会の記録写真や会場に掲示した作家のメッセージは、後日、Past Exhibitionのページに掲載いたします。


2017年1月1日

あけましておめでとうございます

昨年は、多くの方々にご協力いただき、withartの活動を終えることができました。
本当に、ありがとうございました。
展覧会の企画の他、親子で楽しむアートワークショップ”Family Art Day”や幼稚園への出張ワークショップも実現することができました。アートに触れる機会を創りたいという思いを、作家さんを始め、空間を提供してくださる方や、本当に多くの方々のご協力があって、思いを実現することができました。

2017年も引き続き、様々な形でアートに触れる機会を創っていきたいと思いますので
どうぞよろしくお願いいたします。

image1
2016年10月 Family Art Day ”干支(酉)カレンダーをデザインしよう!”

今年の予定ですが、札幌で2つの展覧会を企画しています。
一つは、札幌の中心部からちょっと離れた北区あいの里の「アトリエSachi」さんで、暮らしをテーマに、様々なジャンルの5人の作家の作品の展覧会を開催します。暮らしをテーマにした展覧会は、いつか企画したいと思っていた展覧会です。ご縁があり、アトリエSachiさんから良いタイミングでお話をいただき、実現できることになりました。

『暮らしを綴る』
2017年7月27日(木)~8月7日(月)火・水曜定休
10:00~18:00
アトリエSachi
札幌市北区あいの里2条3丁目16-7

■出品作家
小路口 力恵(富山)            ガラス
藤井 祐人[RIPOSO.](札幌)    服飾
船山 奈月(札幌)                         木工
馬渕 寛子(新篠津)                     紙
森 つくし(富山)                          陶芸

もう一つは、札幌のギャラリー門馬で、平面と立体が織り成す“記憶の情景”をテーマにした、2人展を開催します。池田光弘が描く絵画。国松希根太の手によって生まれる彫刻。二人の作品に共通する余白は、鑑賞者に委ねられ、それぞれが目にしてきた景色や感情の記憶と照らし、記憶の情景へといざなう世界が広がります。

『記憶の情景』
2017年9月17日(土)~10月1日(日)
11:00~19:00
ギャラリー門馬
札幌市中央区旭ヶ丘2丁目3-38
*協力:S.O.C.Satoko Oe Contemporary

■出品作家
池田 光弘(東京)           絵画
国松 希根太(札幌)       彫刻

その他、昨年に引き続き、幼稚園への出張ワークショップや親子で楽しむアートワークショップ“Family Art Day”も予定しています。
展覧会やワークショップの詳細については、近くなりましたら、改めて当HPやFacebook等でご案内いたします。

2017年が皆様にとって良い年となりますように。
今年も、どうぞよろしくお願いいたします!

withart 本間 真理