withart

notes

2016年9月6日

「紐解く時間」展、終了しました

8月27日(土)から9月2日(金)まで、CONTEXT-Sで開催した「読む時を演出する作品展-紐解く時間」展が無事に会期を終えることができました。

himotoku02

本展は、築50年の古いアパートを改装した時の流れを感じるCONTEXT-Sで、紐解く(読む)時をテーマに企画しました。金属、木、土そして紙、といったそれぞれ異なる素材を使って制作する4人の作家が、テーマを掘り下げ、それぞれが読む時のイメージを膨らませ、作品を制作されました。

彫刻家、金属工芸家である藤沢レオさんは、椅子や梯子をあしらった彫刻作品と、読む時に腰かける椅子を制作されました。鉄の線材で作られた「静かな日」というシリーズ作品は、作品が佇む空間に静かな時が流れ、空気を作っているような作品でした。座り心地の良い椅子には、来場者が本を手に取り、腰かけ、1時間近く本を読まれていく方もいらっしゃいました。来場者の残像が記憶されていく、そんな毎日でした。

himotoku01

木工作家の辻さんは、椅子やサイドテーブルと、器を出品されました。読みかけの雑誌や本を栞のように挟むことができるsode tableは、来場者にも大好評で、デザインの美しさと実用性を備えた作品に、多くの方が感心していました。柿渋や白漆、鉄染など、木に様々な手法で加工が施され、木という素材の可能性を広げてくれる器が並びました。

スリップウェアを制作されている伊藤丈浩さんは、時がテーマということで、現代のスリップウェアの高い温度ではなく、当時イギリスで焼かれていたであろう低い温度で焼き上げた温かみのある器を出品されました。札幌で、こんなに多くの伊藤さんの器を一同に観る機会は初めてであったため、初日から伊藤さんの作品を一目見ようと多くの方にご来場いただきました。

そして、紙作家の馬淵寛子さんの作品は、馬淵さんの丁寧で美しい仕事に、多くの方が心を打たれました。紙を縒り、糸や結び目で活字を表現したものや、和紙をちぎって羽のような欠片を様々な向きで貼り付け、本から色々な空想をするイメージを描いた作品、人が書物を読み、静かにじっとしている姿をイメージした張り子など、紙の無限の可能性について感じることができる、本当に素晴らしい作品でした。

himotoku_5

今回は、読むことがテーマであることから、ヒシガタ文庫さんにご協力のもと、読むをテーマに選書した約100冊の本も一緒に展示し、また週末は、珈琲と焼き菓子楽しめるカフェもオープンしました。本や珈琲を片手に、作品と一緒に過ごす時間を楽しんでもらうことができました。

himotoku03

100冊の本については、引き続き、ヒシガタ文庫さんで9月30日(金)まで、展示販売をしています。そちらにも、どうぞお出かけください。
今回のテーマに真摯に向き合い制作いただいた作家の皆様、素晴らしい空間をご提供いただいたCONTEXT-S、そしてご来場いただいた皆さま、本当にありがとうございました!

*展覧会の記録写真や作家さんのメッセージなど、後日、Past Exhibitionのページに掲載いたします。

withart 本間 真理


2015年8月7日

モエレ沼公園グランドオープン10周年記念協賛企画 知覚されるアート

withartも実行委員会を担っている展覧会、モエレ沼公園グランドオープン10周年記念協賛企画「知覚されるアート」展が開催されます。

chikakusareru

彫刻家イサム・ノグチによってデザインされたモエレ沼公園は、市民や多くの観光客に親しまれ、2015年にグランドオープン10周年を迎えます。ゴミの埋め立て地であった沼地の公園計画の構想をスタートさせ、17年という長い時を経て、ノグチが描いた“未来を担う子どもたちに対する思いを込めた空間”が完成しました。

本展は、モエレ沼公園を舞台として、ノグチの願いであった“子どもたちが遊びながら芸術に親しむように”視覚や触覚などの感覚情報をもとに自覚的な体験ができる展覧会を開催します。
出品作家は、北海道にゆかりのあるジャンルや素材も異なる5人のアーティスト、池田光弘、樫見菜々子、川上りえ、斉藤幹男、長谷川裕恭。絵画や彫刻、映像や布で作られた作品など、様々な作品をとおして、子どもから大人まで作品と対話をしながら、気軽にアートに触れられる機会を創出します。

会期中の5連休には、親子で参加できるFAMILY ART DAYSワークショップも開催します。子どもたちと一緒に 公園に出かけ、見て、感じて、アートに肌で触れるひと時をお楽しみください。

展覧会情報 
開催日:2015年9月16日(水)~24日(木)
定休日:会期中無休
開催時間:10:00~17:00
会場:ガラスのピラミッド2Fスペース2
観覧:無料
主催:知覚されるアート実行委員会
共催:公益財団法人札幌市公園緑化協会
助成:公益財団法人朝日新聞文化財団
協賛:エスポワール不動産株式会社、学校法人清明学園清明幼稚園、株式会社メディア・ワン、大丸藤井セントラル、カモ井加工株式会社、太洋電機産業株式会社、ぺんてる株式会社、三菱鉛筆株式会社
協力:ShugoArts、ユザワヤ商事株式会社

会期中の5連休には、出品作家によるトークイベント&交流会、また、親子で気軽に参加できるFamily Art Daysワークショップを開催します。
詳細につきましては、モエレ沼公園のHPをご覧ください。出品作家が講師となり、作品の素材を使って、作品作りを体感できます。親子で参加することもできますので、気軽にご参加ください。

トークイベント及びワークショップのお申し込みは、8月15日(土)9:00から受付を開始します。
モエレ沼公園管理事務所まで電話かFAX、HPよりお申し込みください。

URL:moerenumapark.jp/chikaku_event_entry/

公園に遊びに訪れた方たちが、気軽にアートに触れ、体感し、楽しんでいただけたら、本当に嬉しく思います。
ぜひ、遊びにいらしてください!