withart

notes

2016年10月13日

Family Art Day in ヒシガタ文庫

[~ワイヤーアートワークショップ~曲げて、ねじって、つくってみよう!]

hishigataws02

今回のワークショップの会場は、札幌の東区にある本屋さん「ヒシガタ文庫」さんです★
ヒシガタ文庫さんは、木のぬくもりを感じられる書棚に、おしゃれな文房具や素敵な雑貨と共に、視界が広がるように本が並べられています。読み聞かせの他、ワークショップなど、様々なイベントを企画されていますが、ご縁があって、11月のワークショップをwithartで企画させていただきました。

今回のワークショップは、美術家の川上りえさんを講師にお招きして、ワイヤーを使って、親子で作品を制作します。
川上さんは、主に鉄などの金属を使って作品を制作しているアーティストです。重量感のある大きな彫刻作品から、軽やかなワイヤーを使ったインスタレーションなど、様々な表現をされています。

rie_work_03
こちらは、ワイヤーを使って制作した犬の作品!
滑らかな曲線を描く、鉄のドローイングのような作品です。

今回のワークショップでは、様々な色や太さのワイヤーから好きな素材を選び、ペンチや指を使って、曲げたり、ねじったり、巻き付けたり、ワイヤーワークを体験することができます。

川上さんの作品を鑑賞し、アーティストが制作に使用している素材に触れ、親子で一緒に心と身体で体感してもらうアートワークショップです。
ぜひ、親子で一緒に、お気軽にご参加ください★

wirework01

【日 時】2016年11月5日(土)
① 10:30~12:30 ② 14:00~16:00
【会 場】ヒシガタ文庫 札幌市東区北25条東8丁目2-1(ダイヤ書房内)
【参加費】2,000円(税込)(お子さま1人につき/同伴保護者は無料)
*親子でそれぞれ制作いただけます。
【対 象】5歳から小学6年生までの親子
【定 員】各回8名
【持ち物】ラジオペンチ(刃がついているタイプ)

【講師プロフィール】
川上 りえ Rie KAWAKAMI 美術家

石狩市在住。1989年東京藝術大学大学院修了。個展、グループ展を通して金属彫刻、インスタレーション、インタラクティブ・ワークなどの作品を制作。アメリカや韓国、ルーマニアなどでのアーティスト・イン・レジデンスプログラムや展覧会を通して、国内外で活動。2012年札幌文化奨励賞受賞。2013年「Domani・明日展」(国立新美術館/東京)、2016年「CAMPING NEAR THE WOOLEN MOUNTAIN.川上りえ展」他。

【申し込み方法】
ヒシガタ文庫Webサイト(http://hishigatabunko.com)のコンタクトフォーム、
またはメール( hello@hishigatabunko.com )にて受け付けいたします。

題名:「ワークショップ参加申し込み」
本文:
1、お名前
2、メールアドレス
3、電話番号
4、参加希望時間帯 ①10:30〜12:30 ②14:00〜16:00

以上をご記入いただけますよう、お願いいたします。
確認ができ次第、お申し込み受付完了のメールをお送りさせていただきます。

※ メールが届かない場合はお手数ですが下記へお問い合わせ願います。
TEL:011-712-2541 (ダイヤ書房内 ヒシガタ文庫まで)


2016年8月18日

Family Art Day in Moerenuma Park!

Facebook

モエレ沼公園のガラスのピラミッドで、親子で一緒に楽しめるアートワークショップを開催します。画家や美術家、デザイナーを講師に迎え、作品を鑑賞し、様々なプログラムを体験できる2日間です。
「アーティストってどんな人?」
「デザイナーってどんな仕事をしているの?」
アーティストの作品をみんなで鑑賞し、それぞれのアーティストが使用している素材や道具に触れ、心と身体で体感してもらうワークショップです。
ぜひ、親子で公園に訪れ、アートに触れるひと時を過ごしてみませんか?

*7月9日(日)は終了しました。

2016年10月9日(日)
定員:15名
対象:小学生
参加費:1,500円(同伴保護者は無料)

10:30~12:30 小林 麻美ワークショップ
「~絵本のワークショップ~“きもちくん”はどんな人?」

画家の小林麻美さんと一緒に、想像の絵本の主人公“きもちくん”を描きます。
あなたが最近体験した出来事で、心に残っていることは何ですか?
その気持ちを音にするとどんな音?
名前をつけるとしたら、どんな名前がいいかな?
自分の気持ちを主人公にした絵本のシーンを、にじみ絵の技法を使って描きます。

kobayashi2

小林 麻美 Asami KOBAYASHI
1980年札幌市生まれ/札幌市在住

「眼前の出来事と忘れていた過去が繋がり景色が揺れる」「何かを予感し胸がザワつく」瞬間等を元に、極私的視界の絵画化に取り組む。自分も未知の自己の領域に踏み込む事を目指しその視覚化を模索している。

【主な展覧会】
2015「絵画の未知数」ギャラリーレタラ、2014「小林麻美・らいらっく新鋭展」道銀文化財団、2013「第68回全道展」佳作賞、2012「New Eyes2012となりのひと」札幌彫刻美術館、「500m美術館 オープニング記念展」500m美術館、2011「記憶の循環」苫小牧市立樽前小学校、「アートプラネット2011」JRタワープラニスホール(札幌)、2008「シェル美術賞2008」入選、代官山ヒルサイドフォーラム

13:30~15:30 足立 詩織ワークショップ
「~干支(酉とり)カレンダーをデザインしよう!~グラフィックデザインってなあに?」

グラフィックデザイナーの足立詩織さんと一緒に、来年の干支をモチーフにした、大きなポスターカレンダーを作ります。不思議なカタチのモチーフを、並べて、重ねて、貼って、描きたして、世界にひとつの酉(とり)をデザインしよう。自分の名前を絵の中に紛れ込ませたり、1~12月の文字も自分で書き込むことで、文字のレイアウトもします。
見る人の心を愉快にする、グラフィックデザインの初歩を体験することができます。

adachi_WS

足立 詩織 Shiori ADACHI
1984年生まれ/札幌市在住
シオリグラフィック 主宰
アートディレクター/グラフィックデザイナー

札幌のデザイン事務所、SHIORI GRAPHIC主宰。企業、マチ、人、商品のブランディング、ファッションビルやイベントの広告、商品パッケージ、ウェディングのペーパーアイテム、エディトリアルデザインなど、様々なデザイン/アートワークを手がける。日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)会員。2008年 しおりのしおり展、2013年 足立詩織のグラフィックデザインと、足立唯のウッドワーク展、2015年 札幌大通り地下ギャラリー500m美術館など。

★お問い合わせ・ご予約
担当:withart 本間真理
Mail   info@withart-mh.com
TEL 080-5596-3673
FAX 011-312-7253

*FAX、Emailでお申込みの方は、①保護者氏名、②お子さまのお名前、年齢、③連絡先(住所、電話番号)をご記入ください。