withart

notes

2022年6月14日

「光の子どもーー言葉で描く。詩で綴る。」開催のお知らせ

緑が美しい初夏のギャラリー門馬で、詩人の文月悠光と画家の久野志乃による二人展、『光の子どもーー言葉で描く。絵で綴る。』を開催いたします。

詩と絵画の往復書簡を試み、詩から浮かび上がる情景、その情景から導かれ紡がれる言葉を交換しながら、制作を進めてきました。二人のやり取りの中から生まれた共作も展示いたします。

詩の印刷は、日章堂印房の活版職人・酒井博史さんにご協力いただき、手仕事の味わいを肌で感じられる作品に仕上げていただきました。

会期中には、アーティストトークと詩の朗読会も予定しております。
ぜひ、この機会に、ご高覧ください。

2022年7月7日[木]- 7月18日[月・祝]
11:00 – 18:00 入場無料
休廊|火曜・水曜
会場|ギャラリー門馬  札幌市中央区旭ヶ丘2丁目3-38
Tel: 011 562 1055
Web: https://www.g-monma.com/

協力|日章堂書房、ヒシガタ文庫
DM制作:中嶋幸治

***
詩と絵で紡ぐ往復書簡
詩人と画家の対話を通じて
新たな情景が生まれます。

<アーティストトーク+詩の朗読>
7月9日[土] 14:00 – 15:30
定員:20名(メールにて要予約)
*2日以上返信メールがない場合は、お手数ですがお電話でお問い合わせください。
*感染状況等により開催中止の際は、ギャラリーHPでお知らせいたします。

企画・問い合わせ・申し込み|withart 本間
Email: info@withart-mh.com
Tel: 080 5596 3673
***

<プロフィール>
文月悠光 Yumi Fuzuki
詩人。1991年北海道札幌市生まれ。16歳で現代詩手帖賞を受賞。高校3年のときに発表した第1詩集『適切な世界の適切ならざる私』(ちくま文庫)で、中原中也賞、丸山豊記念現代詩賞を最年少18歳で受賞。その他の詩集に『屋根よりも深々と』(思潮社)、『わたしたちの猫』(ナナロク社)。エッセイ集に『洗礼ダイアリー』(ポプラ社)、『臆病な詩人、街へ出る。』(新潮文庫)がある。
札幌文化芸術交流センターSCARTS、ログロード代官山での詩の展示、小川珈琲「コーヒーの詩」(朗読:夏木マリ)、「ミヨシ石鹼」の詩の連載・朗読(雑誌「婦人之友」広告欄に掲載)など幅広く活動中。2021年、作曲家・坂東祐大と初のサウンドインスタレーション作品「声の現場」を発表(TOKAS本郷での展示、京都芸術センターでの公演)。現在、第4詩集『パラレルワールドのようなもの(仮)』を刊行準備中。
http://fuzukiyumi.com/

久野志乃 Shino Hisano
1978年 北海道様似町生まれ。北海道教育大学大学院教育学研究科教科教育専攻美術教育専修(西洋画)修了。札幌在住。他者の個人的な記憶に基づく世界像を再構築し、新しい物語やありえたかもしれない風景を油彩画で表現する。札幌を中心に東京、台湾などで個展、グループ展を開催。 2021年 『道銀文化財団創立30周年記念 道銀芸術文化奨励賞受賞作家展』北海道立近代美術館/札幌、2021年 『バイオの大きさ/未来の物語 成果展』 札幌文化芸術交流センター SCARTS/札幌、2020年 個展『森の配置、光の距離で』ギャラリー門馬/札幌、2019年 『night bird』GalleryCamellia/東京 等
http://shinohisano.com/

 


2022年5月20日

作品展示のお知らせ@CONDE HOUSE

5月も半ばを過ぎ、少しずつ日差しも暖かくなり、新緑の美しい季節になりました。
アート作品のコーディネートをさせていただいている、北海道旭川の家具メーカー・カンディハウス道央支店に、新たな作品を展示してきました。

ショールームのコンセプト毎の設えに合わせて、3名の作品を展示しています。
自然光が似合う「Simple & Natural」の空間には、“山田恭代美”さんの色鮮やかな景色が広がる絵画作品、『こもれび』を展示しています。

山田さんは、版画技法に、ペインティングや和紙のコラージュを併用した独自の技法で絵画を制作されています。キャンバスが窓となり、内と外がゆるやかにつながり、目の前に美しい景色が広がります。

落ち着いた色合いのウォールナットの家具が配置された「Advanced Classic」の空間には、版画家の“大泉力也”さんの作品を展示しています。

木の温もりが感じられる美しい家具が配置された書斎空間に、アートが溶け込み、心地よい空気が流れています。

また、2018年より展示させていただいてる、東京在住の画家、中村眞弥子さんの新たな作品も加わりました。

軽やかなタッチで描かれた、スクエア型の9点の作品を展示しています。椅子をモチーフに描かれた絵や、鳥や花、赤いポットなど、リビングやキッチン、様々な暮らしのシーンに合わせて選ぶ楽しさも魅力の作品です。

カンディハウスの上質な家具と共に、常設で展示しています。アートのある日常が肌で感じられる心落ち着く空間に、ぜひ、お出かけください。

カンディハウス道央支店
札幌市東区北13条東1丁目1-15.Nビル2-3F
11:00~18:30
定休日:水曜日
℡ 011-743-4465