withart

Workshop

Page to Back

~みんなの幼稚園に山をつくる~木片を積み上げて大きな山を作ろう!

講師:伊賀 信(美術家)

開催日/10.6 thu 札幌市立ひがしなえぼ幼稚園

対象:幼稚園園児

協力:一般社団法人AISプランニング

みんなの幼稚園に、アーティストの伊賀信さんがやって来ます!

伊賀さんは、細い木材を使った作品や、積み木のような木材を使って空間全体を使った大きな作品を作るアーティストです。今回は、約3000個の積み木(木片)を使って、ひがしなえぼ幼稚園のお友達全員で、みんなで力を合わせて大きな“山”を作ります。

伊賀さんの作品は、木片を重ねることだけで作られ、接着されていません。考えて積み重ねていくうちに、イメージが広がり、形が生まれてきます。積み木を縦に、横に、どんどん積み重ねて、みんなの幼稚園に山を作りましょう。どんな景色が目の前に現れるでしょうか。
「アーティストってどんな人?」
子どもたちが初めて出合うかもしれないアーティストと一緒に、作品の鑑賞、制作、そして完成した作品を解体するまでの一連の作業を体験し、主体的にモノとのコミュニケーションを体感してもらうワークショップを行います。

higashinaebo01

園児が登園してくる朝、ホールのステージの上で、真剣な表情で積み木をしている人がいます!
「何してるの~?」「これなあに~?」

higashinaebo02

ワークショップが始まる前から、ステージの上の伊賀さんの作品に触発され、早速真似をしながら積み上げていく子どもたち。どんどん積み上げて、踏み台を使って、自分の背丈より高く高く積んでいきます。

higashinaebo04

年少さんから年長さんまで、3班に分かれて、山を作り、つなげてみましょう~

higashinaebo05

higashinaebo06

みんなで山を作ってみよう!と思いましたが、それぞれが好きな形でどんどん積み上げ、街並みのように見えてきました!

higashinaebo07

higashinaebo08

椅子にも上って、高く高く積み上げます。積み上げては、壊れ、一瞬呆然としますが、また一から積み上げていく、悲鳴と歓声が幼稚園に響き渡ります!

higashinaebo11

1時間近い時間を使って木片を積み上げ、街並みはどんどん変化を遂げました!

今回のワークショップは、子どもたちがアーティストの伊賀さんに出会い、大きな作品の制作を一緒に試みる時間となりました。伊賀さんが積み上げた木片を鑑賞し、子どもたちが自発的に身体を動かし、真似をしながら、どんどん木片を積み上げていきました。普段から親しまれている積み木ですが、個々で遊ぶのではなく、みんなで一緒に行うことにより、互いに刺激し合い、新たな体験になったのではないでしょうか。

完成した作品は壊してしまいましたが、みんなで共有した時間や、作品を鑑賞して刺激された感覚は、きっと心のどこかに残ってくれたのではないかと思います。またいつか、子どもたちがどこかでアートに出合い、今回の作品や一緒に過ごした時間の記憶を照らし、アートって面白いな、すごいなと親しみを持ってもらえたら嬉しく思います。

ご参加いただいた札幌市立ひがしなえぼ幼稚園の皆様、そして、こどもたちとの素晴らしい時間を作っていただいた伊賀さん、本当にありがとうございました。


TOP